京阪バス 時刻表

京阪バスの時刻表や、路線図、運賃、定期代、高速バスなど京阪バスについての様々な情報をお届けします。

京阪バスとバスでおでかけ~はんナビ

バスでおでかけ~はんナビというバスナビをご存知ですか?

「えっ、何それ?」っていうあなたのために簡単にご説明します。

例えば、あなたがどこか行きたいと思った時に、目的地までの行き方がわからなかったり、施設の名前がはっきりわからなかったり、観光名所の行きかたを調べたいなどなど、そんな悩みを解消してくれるのが『バスでおでかけ~はんナビ』なんです。


バスでおでかけ~はんナビでは、京阪バス、京阪宇治バス、京阪シティバス、京阪京都交通、京都バス、江若交通といった京阪グループのバス沿線の観光施設や公共施設を検索することができるバスナビなんです。

目的地までのバスでのアクセスが検索できるので、とても便利です。

実際に検索してみると分りますが、目的地までのバスの時刻表や電車からの乗り継ぎ情報を閲覧する事ができます。

施設情報も一緒にでてくるので、参考になりますよ。とくに観光名所は、見所や入場料なども載っているのでとても便利だと思います。

京阪バスなどで気軽にお出かけしたいと言う方は、ぜひ「バスでおでかけ~はんナビ」を利用してみてください。

京阪バスの主な運行路線

京阪バスは、大阪府の京阪電鉄沿線地域や京都府南部地域の路線の他、滋賀県大津市などの路線も運行しているバスです。

京阪バスを運営している京阪バス株式会社は、京阪電気鉄道系列のバス事業者で、本社は京都府京都市南区東九条南石田町5番地にあります。

現在は、京阪バスシステムズの子会社となっており、京阪シティバス、京阪宇治バス、京阪京都交通などと共に京阪グループのバス事業を展開しています。

京阪バスは、2006年4月1日に宇治交通バス(京阪宇治交通)と京阪宇治交通田辺を吸収合併し、さらに運行路線が拡大しました。

合併後は、ほぼ現行の時刻表を修正の上で使用しているようです。

京阪バスの主な運行路線を路線図で見てみると、大阪府内では、淀川東岸地域がメインで、親会社の京阪電鉄やJR片町線の各駅をターミナルとする路線を運行していますね。

他にも、大阪市や吹田市の一部など見逃してしまいそうな路線もあるようです。

また、京阪バスは宇治バスや宇治交通バスとの合併したことで京都府城陽市や宇治田原町などの山城地区や、奈良県の生駒市北部も運行エリアとなったようです。

奈良県と言えば、奈良交通バスがほぼ独占している状態ですから、奈良県内を走行する京阪バスの路線はある意味貴重だと思います。ちなみにこの路線では、『スルッとKANSAI』関係のカードが使用可能です。

京都市内では、定期観光バスや夜行バスも運行していいます。京都市は街全体が観光地みたいなもんですから、観光客にとって効率よく観光地を巡るには、さまざまなコース設定のある定期観光バスは、とても便利です。
[PR]>>激安!夜行バス!24時間オンラインで料金・空席が一目でわかる!
また、京都府の路線は京都市バスの一部路線を委託され運行しているようです。

滋賀県内では大津市内を中心に運行していますが、スルッとKANSAI対応のカードや京阪バスグループ共通カードといったプリペイドカードが使えないので、気をつけましょう。

まあ、これは近江バスや帝産湖南交通などと同じ路線を共同運行しているからでしょうか。

よって、京阪バスの車両には、カードリーダーが付いている車両と付いていない車両があります。

なお、京阪バスの営業エリアを見てみると、交野営業所が最も広い路線を運行しており、逆に最も走行エリアが狭いの高槻営業所のようです。

また、京阪バスの高速バスの多くは「きょうと号」「京都号」という愛称がつけられていて、例えば京都と東京の都心をつなぐ「東京ミッドナイトエクスプレス京都号」などがあります。ぜひ乗ってみたいなと思います。
[PR]>>激安!高速バス!24時間オンラインで料金・空席が一目でわかる!

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

京阪バスの京都定期観光バス

京阪バスが京都市バスと共同で行っているのが京都定期観光バスです。

この観光バスは、JR京都駅前と京阪三条駅から毎日出発していて、バス代と観光地の入場料がセットで割引になるなのでとてもお得ですよ。

また、京都定期観光バスなら、京都の名所に詳しいベテランのガイドさんが案内や説明をしてくれるので、京都観光をよりいっそう楽しむことができます。

京都市は、街全体が観光名所のようになっていてはじめての京都旅行ではどのように観光地を巡ればいいのか迷ってしまいますよね。

そんなときに京阪バスと京都市バスが共同運行する京都定期観光バスなら、無駄な時間を省いて、効率よく観光地巡りができるのでとても便利です。

さらに、半日コースや、一日コース、季節のコース、夜のコースなどバラエティに富んだコースがたくさんあるので、きっとご希望に沿うような観光地巡りができると思います。

旅行スケジュールにあわせて、金閣寺、清水寺といった京都を代表する観光名所を巡る「京の早まわり」コースを選んだり、万福寺・三室戸寺・平等院・醍醐寺三宝院・勧修寺を巡る「醍醐寺と宇治浪漫」コースを選び、古都京都を一日かけて堪能するのも良いかと思います。

また、東山展望台から眺める京都の夜景も別格ですので「夜の京都コース」もおすすめです。

また、定期的に特別コースが設定されるので、京阪バスのホームページをチェックしてみるのも良いでしょう。

京阪バスと京都市バスが共同運行する京都定期観光バスなら、京都観光がよりいっそう充実したものになるでしょう。

京阪バスのコミュニティバス タウンくる

京阪バスは“タウンくる”というコミュニティバスを運行しています。

タウンくるは、主に、大阪の寝屋川営業所管轄の路線を運行しており、守口市内循環線八雲北系統、守口市内循環線大久保系統、寝屋川音羽町線、A寝屋川市内線黒原ルートがあります。

京阪バスのホームページでは、「タウンくるの歌」を聴く事ができます。これおもしろいです(笑)。

京阪バスHPでは、タウンくるの路線図や時刻表も見ることができますよ~。
タウンくるは全て全線大人が150円で小児が80円となっています。均一運賃なので便利ですね。

また、スルッとKANSAIカードや京阪グループ共通バスカード及び京阪バス1dayチケットの利用が可能となっています。

守口市内循環線八雲系統は専用の定期券があります。寝屋川市内線木田河北ルート、寝屋川音羽町線では一般路線の地区定期券が利用可能となっています。

いずれの京阪バス タウンくるも指定範囲内の停留所でにこにこミニパスが利用可能です。

京阪バスタウンくるの車両は、赤く塗装されてるので目立ちますよね。それに、バスの側面には“タウンくる”(タウンよりくるの文字がでかい)とペイントされてるのですぐわかりますよ(笑)。

他には、京阪バス枚方営業所管轄の久御山町のってこバス東ルートや枚方100円バス、門真営業所管轄の四條畷市コミュニティバスやくるっとBUS、山科営業所管轄のくるり200 やましな循環バスなどがあります。

また、京阪バス男山営業所管轄のコミュニティバスやわたの運賃は大人が200円、子供が100円で、300円で乗り放題の一日乗車券を販売しています。

京阪バスでは、いろいろなコミュニティバスを運行していますので、ぜひ乗車してみてください。

京阪バス高槻営業所の路線

京阪バス高槻営業所は、大阪府高槻市にある京阪バスのバス営業所なんですが、わりと狭いエリアを運行しているようです。

「竹ノ内町」が一番近いバス乗り場だと思います。

最近、路線バスで黒字のところは少ないのですが、そんななかでも枚方市駅~阪急高槻を走行する枚方高槻線は黒字路線だということで、とても優秀なバス路線ですね。

また、京阪バス高槻営業所の路線では、一部区間を除き公共車両優先システムという聞き慣れないシステムを採用し
バスの円滑な運行に努めているところが素晴らしいですね。

京阪バス高槻営業所が管轄しているエリアは枚方市西部、茨木市、高槻市のみでそんなに広くないですが、バス利用者にとっては、通勤・通学などの重要な交通手段となっているようです。


京阪バス高槻営業所では、他にもコミュニティバスやリムジンバス、高速バスの運行もしています。

高速バスは、枚方市駅~寝屋川市駅~大日駅~洲本インターチェンジ~徳島駅までをつなぐ路線で「あわひらかた号」と呼ばれています。

リムジンバスは、枚方市駅~伊丹空港(大阪国際空港)をつなぐ貴重なバス路線ですね。

運賃は、大人が900円(片道)で小児が450円(片道)で、定期券も大阪空港で発売されていますよ。

リムジンバスの車両も、京阪バスの車両に共通の赤と白のコントラストがカッコいいですよ。ぜひ、乗ってみてください。

京阪バス 時刻表カテゴリー項目一覧

バスでおでかけ~はんナビ

京阪バスとバスでおでかけ~はんナビ

京阪バス

京阪バスの主な運行路線

京阪バス タウンくる

京阪バスのコミュニティバス タウンくる

京阪バス 定期

京阪バスの京都定期観光バス

大津営業所

京阪バスの大津営業所

山科営業所

京阪バス 山科営業所

枚方営業所

京阪バス 枚方営業所

高槻営業所

京阪バス高槻営業所の路線


京阪バス 時刻表のおすすめ!

京阪バスとバスでおでかけ~はんナビ

バスでおでかけ~はんナビというバスナビをご存知ですか?

「えっ、何それ?」っていうあなたのために簡単にご説明します。

例えば、あなたがどこか行きたいと思った時に、目的地までの行き方がわからなかったり、施設の名前がはっきりわからなかったり、観光名所の行きかたを調べたいなどなど、そんな悩みを解消してくれるのが『バスでおでかけ~はんナビ』なんです。


バスでおでかけ~はんナビでは、京阪バス、京阪宇治バス、京阪シティバス、京阪京都交通、京都バス、江若交通といった京阪グループのバス沿線の観光施設や公共施設を検索することができるバスナビなんです。

目的地までのバスでのアクセスが検索できるので、とても便利です。

実際に検索してみると分りますが、目的地までのバスの時刻表や電車からの乗り継ぎ情報を閲覧する事ができます。

施設情報も一緒にでてくるので、参考になりますよ。とくに観光名所は、見所や入場料なども載っているのでとても便利だと思います。

京阪バスなどで気軽にお出かけしたいと言う方は、ぜひ「バスでおでかけ~はんナビ」を利用してみてください。

京阪バスの時刻表や、路線図、運賃、定期代、高速バスなど京阪バスについての様々な情報をお届けします。


京阪バス 時刻表 Pick Up!

京阪バスは、大阪府の京阪電鉄沿線地域や京都府南部地域の路線の他、滋賀県大津市などの路線も運行しているバスです。

京阪バスを運営している京阪バス株式会社は、京阪電気鉄道系列のバス事業者で、本社は京都府京都市南区東九条南石田町5番地にあります。

現在は、京阪バスシステムズの子会社となっており、京阪シティバス、京阪宇治バス、京阪京都交通などと共に京阪グループのバス事業を展開しています。

京阪バスは、2006年4月1日に宇治交通バス(京阪宇治交通)と京阪宇治交通田辺を吸収合併し、さらに運行路線が拡大しました。

合併後は、ほぼ現行の時刻表を修正の上で使用しているようです。

京阪バスの主な運行路線を路線図で見てみると、大阪府内では、淀川東岸地域がメインで、親会社の京阪電鉄やJR片町線の各駅をターミナルとする路線を運行していますね。

他にも、大阪市や吹田市の一部など見逃してしまいそうな路線もあるようです。

また、京阪バスは宇治バスや宇治交通バスとの合併したことで京都府城陽市や宇治田原町などの山城地区や、奈良県の生駒市北部も運行エリアとなったようです。

奈良県と言えば、奈良交通バスがほぼ独占している状態ですから、奈良県内を走行する京阪バスの路線はある意味貴重だと思います。ちなみにこの路線では、『スルッとKANSAI』関係のカードが使用可能です。

京都市内では、定期観光バスや夜行バスも運行していいます。京都市は街全体が観光地みたいなもんですから、観光客にとって効率よく観光地を巡るには、さまざまなコース設定のある定期観光バスは、とても便利です。
[PR]>>激安!夜行バス!24時間オンラインで料金・空席が一目でわかる!
また、京都府の路線は京都市バスの一部路線を委託され運行しているようです。

滋賀県内では大津市内を中心に運行していますが、スルッとKANSAI対応のカードや京阪バスグループ共通カードといったプリペイドカードが使えないので、気をつけましょう。

まあ、これは近江バスや帝産湖南交通などと同じ路線を共同運行しているからでしょうか。

よって、京阪バスの車両には、カードリーダーが付いている車両と付いていない車両があります。

なお、京阪バスの営業エリアを見てみると、交野営業所が最も広い路線を運行しており、逆に最も走行エリアが狭いの高槻営業所のようです。

また、京阪バスの高速バスの多くは「きょうと号」「京都号」という愛称がつけられていて、例えば京都と東京の都心をつなぐ「東京ミッドナイトエクスプレス京都号」などがあります。ぜひ乗ってみたいなと思います。
[PR]>>激安!高速バス!24時間オンラインで料金・空席が一目でわかる!

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

京阪バスが京都市バスと共同で行っているのが京都定期観光バスです。

この観光バスは、JR京都駅前と京阪三条駅から毎日出発していて、バス代と観光地の入場料がセットで割引になるなのでとてもお得ですよ。

また、京都定期観光バスなら、京都の名所に詳しいベテランのガイドさんが案内や説明をしてくれるので、京都観光をよりいっそう楽しむことができます。

京都市は、街全体が観光名所のようになっていてはじめての京都旅行ではどのように観光地を巡ればいいのか迷ってしまいますよね。

そんなときに京阪バスと京都市バスが共同運行する京都定期観光バスなら、無駄な時間を省いて、効率よく観光地巡りができるのでとても便利です。

さらに、半日コースや、一日コース、季節のコース、夜のコースなどバラエティに富んだコースがたくさんあるので、きっとご希望に沿うような観光地巡りができると思います。

旅行スケジュールにあわせて、金閣寺、清水寺といった京都を代表する観光名所を巡る「京の早まわり」コースを選んだり、万福寺・三室戸寺・平等院・醍醐寺三宝院・勧修寺を巡る「醍醐寺と宇治浪漫」コースを選び、古都京都を一日かけて堪能するのも良いかと思います。

また、東山展望台から眺める京都の夜景も別格ですので「夜の京都コース」もおすすめです。

また、定期的に特別コースが設定されるので、京阪バスのホームページをチェックしてみるのも良いでしょう。

京阪バスと京都市バスが共同運行する京都定期観光バスなら、京都観光がよりいっそう充実したものになるでしょう。

京阪バスは“タウンくる”というコミュニティバスを運行しています。

タウンくるは、主に、大阪の寝屋川営業所管轄の路線を運行しており、守口市内循環線八雲北系統、守口市内循環線大久保系統、寝屋川音羽町線、A寝屋川市内線黒原ルートがあります。

京阪バスのホームページでは、「タウンくるの歌」を聴く事ができます。これおもしろいです(笑)。

京阪バスHPでは、タウンくるの路線図や時刻表も見ることができますよ~。
タウンくるは全て全線大人が150円で小児が80円となっています。均一運賃なので便利ですね。

また、スルッとKANSAIカードや京阪グループ共通バスカード及び京阪バス1dayチケットの利用が可能となっています。

守口市内循環線八雲系統は専用の定期券があります。寝屋川市内線木田河北ルート、寝屋川音羽町線では一般路線の地区定期券が利用可能となっています。

いずれの京阪バス タウンくるも指定範囲内の停留所でにこにこミニパスが利用可能です。

京阪バスタウンくるの車両は、赤く塗装されてるので目立ちますよね。それに、バスの側面には“タウンくる”(タウンよりくるの文字がでかい)とペイントされてるのですぐわかりますよ(笑)。

他には、京阪バス枚方営業所管轄の久御山町のってこバス東ルートや枚方100円バス、門真営業所管轄の四條畷市コミュニティバスやくるっとBUS、山科営業所管轄のくるり200 やましな循環バスなどがあります。

また、京阪バス男山営業所管轄のコミュニティバスやわたの運賃は大人が200円、子供が100円で、300円で乗り放題の一日乗車券を販売しています。

京阪バスでは、いろいろなコミュニティバスを運行していますので、ぜひ乗車してみてください。

京阪バス高槻営業所は、大阪府高槻市にある京阪バスのバス営業所なんですが、わりと狭いエリアを運行しているようです。

「竹ノ内町」が一番近いバス乗り場だと思います。

最近、路線バスで黒字のところは少ないのですが、そんななかでも枚方市駅~阪急高槻を走行する枚方高槻線は黒字路線だということで、とても優秀なバス路線ですね。

また、京阪バス高槻営業所の路線では、一部区間を除き公共車両優先システムという聞き慣れないシステムを採用し
バスの円滑な運行に努めているところが素晴らしいですね。

京阪バス高槻営業所が管轄しているエリアは枚方市西部、茨木市、高槻市のみでそんなに広くないですが、バス利用者にとっては、通勤・通学などの重要な交通手段となっているようです。


京阪バス高槻営業所では、他にもコミュニティバスやリムジンバス、高速バスの運行もしています。

高速バスは、枚方市駅~寝屋川市駅~大日駅~洲本インターチェンジ~徳島駅までをつなぐ路線で「あわひらかた号」と呼ばれています。

リムジンバスは、枚方市駅~伊丹空港(大阪国際空港)をつなぐ貴重なバス路線ですね。

運賃は、大人が900円(片道)で小児が450円(片道)で、定期券も大阪空港で発売されていますよ。

リムジンバスの車両も、京阪バスの車両に共通の赤と白のコントラストがカッコいいですよ。ぜひ、乗ってみてください。